独りよがりにならないこと

heart

アドバイスも参考にする

たいていの女性は30歳が見えてくる頃に、男性だと35歳近辺で婚活を意識し出すようになります。若者の晩婚化と未婚化が社会的にも問題となっており、自治体でも婚活支援の動きは出てきていますが、最終的には個人の問題になるためなかなか難しいのが現状です。婚活という言葉が一般的になるにつれ、婚活疲れや婚活地獄といった言葉も登場するようになりました。この言葉から、多くの人が結婚したいのにできない、婚活自体が苦しいという状況であることがわかります。なかなか結婚できない人には共通点があります。それは独りよがりになっているということです。独りよがりとは、自分自身の思い込みや考えを正しいと思いこみ、他者を省みない状況のことをさします。このような状況である人は、周りがいくら言っても自分自身を変えず、アドバイスを聞き入れません。えてしてこのようなタイプは理想が高く、条件に合う人がいないと嘆いていたりします。結婚をして幸せにしてもらおうという考え方なのです。しかし、いくら自分の条件がよくても、このような考え方では結婚はできません。ましてや条件がそこまでよくないのならば、より一層謙虚になる必要があります。結婚は二人で作り上げるものですか、それは婚活の段階から始まっています。相手が条件にあわないと切り捨てるのではなく、思いやどのような家庭を作りたいのかを伝えて、理解してもらおうと思う気持ちが大切です。また、周囲のアドバイスは、耳が痛くても素直に受け入れましょう。難しいですがなるべく前向きにとらえ、自分を変える努力をすべきです。

Copyright© 2017 自分に合った婚活パーティーやサービスを選ぼう|特徴を徹底解説 All Rights Reserved.